役に立つ情報をいち早く、これが上位表示の基本

Googleの検索結果はサイトやブログを運営する人にとって一番の関心事と言っても過言ではありません。上位に自サイトを表示させることが重要なのは既にネットの常識になっています。1ページ目に表示されるだけで検索結果からの訪問者は多くなり、もしトップに掲載されればかなりの集客が期待できます。逆に2ページ目以降に表示されていればGoogleからの訪問者は極端に少なくなり、集客にはほぼ意味がなくなります。

そのためいかに上位に掲載されるか、どのようにしたら上位に掲載されるかは世界中で常に研究されています。時々ではありますが簡単に上位表示されるような「裏技」が発見されるのですが、その裏技も利用者が多くなればGoogleが対策をしてしまい意味がなくなります。なので常に上位に検索されるようなサイト・ブログを目指すならやはり基本をおさえることが必要です。

上位表示の基本はやはり「役に立つ情報」であることです。役に立つ情報を掲載しているサイトはTwitterやFacebook、はてななどで共有され、自然とサイトへのリンクが増えていきます。このような自然なリンクは今でもGoogleが検索順位を決める際の重要な指標となっています。自然なリンクを増やすには、やはり役に立つ情報を掲載する必要があります。

また、「情報が早い」ことも重要です。なぜなら、いち早く役に立つ情報を提供すれば大手ネットメディアや競合するサイト、ブログが取り上げるまで、検索結果で上位に表示されます。その間に自然なリンクを集めておけば、大手がその情報を取り上げた後でも上位に表示される可能性が高まります。一種の先行者利得なのですが、情報の早さも上位表示を狙う上で重要になります。

さらに言えば、役に立つ情報をいち早く伝えることをモットーにサイト・ブログを運営していると、固定ファンも多くつくようになります。固定ファンはSNSなどでの情報共有を通して、積極的にサイトへのリンクを作ってくれます。その固定ファンが増えれば増えるほど検索結果での上位表示には有利になっていきます。そのため「役に立つ情報をより早く」というサイト・ブログ運営方針は、Googleの検索結果上位表示において非常に重要になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">